• 料金
  • アクセス

側弯症について


側弯症は高齢になって背骨が曲がってしまう病気であると言う印象を持つ人も少なくありませんが、成長期でも発症することがわかっています。また成長期であるために見た目にはわかりにくいと言うことも多く、場合によってはその治療が難しくなってしまうこともあるため早期に発見し治療を行うことが大切です。

成長期の側弯症について

側弯症の危険性

成長期の側弯症は単に骨が歪んでしまうと言うだけではなく、場合によっては痛みを伴う症状へと発展してしまうこともあるため注意が必要です。背骨も成長しているため、これが歪んでいると様々な体内の神経を圧迫してしまい、その部分に痛みを生じてしまう危険性があるのです。

この場合には痛みを生じている原因となっている骨を削り、神経にぶつからないようにするなどの外科的処置が必要になることも少なくありません。

側弯症は発見が遅れるほど治療が難しくなる

側弯症を早期に発見するためには、定期的な検診と迅速な対応が必要になります。成長期には特に背骨が歪んでいないかを触診などで確認することが必要となってきます。発見が遅れるほど治療が難しくなるものであることを意識し、適切に対応することがポイントとなっています。

側弯症でお悩みなら当院にお任せ下さい


側弯症は機能性と構築性の2種類に分けられており、側弯が進行してしまうと腰背部痛や心肺機能の低下をきたしてしまう恐れがあります。発見が遅れてしまうと治療が難しくなるので触診などで確認をすることが大切になります。

当院では、お客様の辛い症状の原因を特定し、最適な施術をご提供させていただきます。側弯症でお悩みならにじいろ整骨院にお任せ下さい。皆様のご来院を心よりお待ちしております。

にじいろ整骨院へのお問い合わせはこちら

電話予約はこちら WEB予約はこちら
院名 にじいろ整骨院
所在地 〒360-0233
埼玉県熊谷市八木田502-1
診療時間 午前 / 9:00 ~ 12:00
午後 / 15:00 ~ 20:00
休診日 夏季・冬季休院
毎月1日 研修休み