• 料金
  • アクセス

腱鞘炎について


腱鞘炎は、腱鞘という部分とその周辺の腱がこすれあうことで発症する炎症です。日常生活の中でも、特に同じような動作を継続的に行う人に発症しやすい傾向があります。指の付け根に痛みや腫れが生じることが多く、実際に症状に陥ると特定の動作を行うことで常に痛みが伴います。

腱鞘炎の症状

狭窄性腱鞘炎

親指を酷使しすぎることが原因で発症します。親指の動きは手首の動きと連動していますので、この症状が発症すると親指に隣接する手首が痛くなります。手の甲に腫れが生じることもあるため、親指から周辺の広い範囲で痛みが持続するのが特徴です。

弾発指

一般的にばね指と呼ばれるものであり、親指だけではなく他の指も影響を受けます。文字通り、ばねのような引っ掛かりを覚えるような症状になるため、この名前で呼ばれています。手のひらに痛みが生じることになり、人差し指や中指の付け根付近が痛くなることが特徴です。

反復した指の動作が原因で発症する

近年で問題視されているのが携帯デバイスの利用です。指で操作する携帯デバイスは、腱鞘炎の発症条件と合致しているため継続して同じような行動をし続けると症状が重くなる可能性もあります。

腱鞘炎でお悩みなら当院にお任せ下さい


腱鞘炎は、指の付け根に痛みを感じることが多いです。その原因は、手指や手首の使いすぎです。放置してしまうと、症状が重症化してしまう可能性があるため、早めの治療が大切です。

当院では、お客様の辛い症状の原因を特定し、最適な施術をご提供させていただきます。腱鞘炎でお悩みならにじいろ整骨院にお任せ下さい。皆様のご来院を心よりお待ちしております。

にじいろ整骨院へのお問い合わせはこちら

電話予約はこちら WEB予約はこちら
院名 にじいろ整骨院
所在地 〒360-0233
埼玉県熊谷市八木田502-1
診療時間 午前 / 9:00 ~ 12:00
午後 / 15:00 ~ 20:00
休診日 夏季・冬季休院
毎月1日 研修休み