• 料金
  • アクセス

産後骨盤矯正について


産後の骨盤の歪みの原因は、妊娠期間中の身体の変化が原因で骨盤や腰椎などに負担が増えてしまっているケースがほとんどです。産後の骨盤の歪みの特徴として、骨盤が開いているタイプの歪みが多く見られます。

産後の骨盤が歪む原因と症状


出産時に赤ちゃんが産道を通りやすくするために、開いた骨盤が、ホルモンバランスの影響で出産後に元に戻りにくくなってしまうことがあります。骨盤が開いているタイプの歪みは、下半身太りやO脚の原因になりやすいとも言われています。

産後の骨盤が歪んでしまう原因

妊娠中にお腹の中にいる赤ちゃんがどんどん大きくなり、お腹が大きく前に突出することが原因となる歪みもあります。お腹が前に突出すると、それまでまっすぐ立っていた人の身体の重心が、前方に傾くことになります。

そのため、前方に筋肉が引っ張られてしまい、同じように骨盤も前に引き寄せられてしまします。前に重心が傾いたままだと、前に倒れてしまいそうになるため、妊婦さんは倒れないように突出したお腹に合わせて反るような反り腰という体勢を取ります。

産後の骨盤に歪みが生じてしまうと

反り腰になってしまうと、腰椎が反ることになるので、肩こりや首こり、股関節痛などの症状がでることがあります。また、お腹に赤ちゃんがいる状態で長時間立っていたり、座っていたりと同じ姿勢を保つことがお腹が大きくなるほど大変になります。

同じ姿勢を保つのが苦しくなると片方に重心を傾ける姿勢を長時間取るようになるので、このことが骨盤の歪みに関係してしまうのです。

産後の骨盤の歪みでお悩みなら当院にお任せ下さい


産後の骨盤は歪みやすく、身体に不調が生じるてしまうと精神的な不調にもつながってしまいます。原因と症状を正しく理解して早めに歪みを取り除くことが大切になります。

当院では、お客様の辛い症状の原因を特定し、最適な施術をご提供させていただきます。産後の骨盤の歪みでお悩みならにじいろ整骨院にお任せ下さい。皆様のご来院を心よりお待ちしております。

にじいろ整骨院へのお問い合わせはこちら

電話予約はこちら WEB予約はこちら
院名 にじいろ整骨院
所在地 〒360-0233
埼玉県熊谷市八木田502-1
診療時間 午前 / 9:00 ~ 12:00
午後 / 15:00 ~ 20:00
休診日 夏季・冬季休院
毎月1日 研修休み